FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草を楽しむ その2

えーと。

都内の桜は満開。
この週末が盛りでしょうね。
昨晩は北の丸公園でお花見だったのです。
桜は見頃でしたが途中にあられが降った(ホント。)ぐらい寒かったです。
おかげで黒霧のお湯割りを飲むのに必死で写真を撮るヒマがありませんでした。

ハテ、話戻って浅草のお話。

浅草演芸ホールを出た我々。
お腹も空いたので夕食がてら一杯ひっかけます。
浅草といったら駒形どぜうでしょう。
よくテレビなんかでは見ますが、入ったことがない人が多いのでは?

どじょうはあまり食べたことがありません。
岩手では食べるらしく、スーパーたもりで売ってたっけ。
水槽に中国産のどじょうがのたくってて、毎日行くたび徐々に弱っていくのがわかるのですよ。

話戻って、勇気を持って入ってみます。
R0011815.jpg

店内はこんな感じ。
R0011812.jpg

席に案内されるとすでにコレが
R0011779.jpg

テレビで見たとおり、ネギと薬味が山盛り。
さ、何を頼みましょうか。
R0011770.jpg

ハイ、メニュー
(クリックして拡大)

まずはビールで喉を潤し、
R0011776.jpg

まずは定番、どぜうなべ。
R0011773.jpg

どぜうはすでに骨を抜いてあります。
あー、この頃からぬる燗の日本酒に変えてます。

オプションのささがきごぼうと、ねぎを山盛り。
R0011782.jpg

これこれ。
でも、本当にコレで火が通るのか?と心配だったのですが、
R0011785.jpg

お店のお姉さんが助けにきてくれました。

食べごろになるまで、くじら刺身と、
R0011788.jpg

鯉のあらい。
R0011791.jpg

どちらもうまいっす。

どぜうも食べごろ。七味、山椒をお好みで。
R0011794.jpg

いや、どぜうは骨も臭みもなく、なかなかうまいっす。

お次は蒲焼
R0011797.jpg

うなぎよりは歯ごたえがありあっさり。

どぜう汁で〆。
R0011803.jpg

熱々、濃厚。〆には最適。

いやいや堪能しました。
一人で来てどぜう鍋でぬる燗を一杯、なんてのも乙ですね。
R0011818.jpg

東京都台東区駒形1-7-12
TEL.03-3842-4001
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ANA GLOBAL TIME
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。